水戸赤十字病院

水戸赤十字病院
施設HP
http://mito.jrc.or.jp/
募集科目
内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、乳腺外科、小児科、救急科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、リウマチ科、感染症内科、緩和ケア内科、健診センター
勤務地
茨城県水戸市三の丸3-12-48
病床数
442床
特色
エイズ治療拠点病院/エイズ協力病院、地域周産期母子医療センター、第2種感染症指定医療機関、地域医療支援病院、緩和ケア病棟、病院機能評価認定施設、二次救急医療指定病院、基幹災害拠点病院、臨床研修指定病院、DPC対象病院
休日の過ごし方
ゴルフ場があるスポーツ施設があるスポーツ観戦ができるアウトドア施設があるB級グルメが自慢家族で遊べる施設が充実している温泉施設があるマリンスポーツができるウィンタースポーツができる
水戸赤十字病院

  • 求人情報
  • 基本情報
  • アクセス
募集科目
内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、乳腺外科、小児科、救急科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、リウマチ科、感染症内科、緩和ケア内科、健診センター
募集人数
若干名
勤務形態
常勤
給与
医師免許取得後 5年目標準年収 1,100万円 医師免許取得後10年目標準年収 1,400万円 その他(日本赤十字社給与要綱に基づき支給) ※金額は目安です
休日
土曜日、日曜日、祝日、日本赤十字社の創立記念日(5月1日)、年末年始(12月29日~1月3日)
勤務時間
月曜日~金曜日 8:30 ~ 17:00
学会活動に対しての補助
原則年4回まで参加費補助あり 1回15,000円まで (旅費別途支給)
当直の有無
月2回 夜間当直料1回当たり15,000円 (その他診療等手当あり) ※麻酔科常勤医については、月10回程度オンコールがあります。
住居手当
有(自己負担額26,500円または31,500円) ※個人契約の借家の場合は、規定の住居手当を支給します
有給休暇
年次有給休暇 24日(採用月により異なる)
福利厚生
健康保険、厚生年金保険、雇用保険等加入等
電話でのお問い合わせ
TEL:029-221-5177
その他
研究日(研修) 院外活動許可申請書を提出し、院長の許可を受ければ可能 研修受講等 受講料補助あり 1回25,000円まで (旅費別途支給) 赴任手当(引越費用等) 規定範囲内とする。

理念

私たちは、人道・博愛の赤十字精神のもとに全人的医療の提供に努め、 患者の皆さまの権利を尊重します。

開設年月日
大正12年6月14日
開設者
社長 清家 篤
管理者
院長 佐藤 宏喜
名称
水戸赤十字病院
所在地
許可病床
442床
診療科目
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、リウマチ科、神経内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理診断科
指定医療機関
保険医療機関 救急告示病院 第二次救急医療施設 エイズ診療拠点病院 母体保護法による指定医療機関 結核予防法による指定医療機関 母子健康法に基づく養育指定医療機関 更正(育成)医療指定医療機関 健康増進法(旧:栄養改善法)に基づく指定給食施設 国民健康保険法に基づく療養取扱機関 被爆者一般疾病医療機関 労災保険指定病院 基幹災害拠点病院 DMAT指定医療機関 難病医療協力病院 がん二次医療施設 第二種感染症指定医療機関 地域リハビリテーション広域支援センター 地域リハ・ステーション 病院機能評価認定施設(3rdG:Ver1.0一般病院2) 臨床研修指定病院 看護学生臨地実習協力病院 優良二日ドック施設 地域周産期母子医療センター 茨城県広域スポーツセンター・スポーツ医科学推進事業協力医療機関 茨城県がん診療指定病院 地域医療支援病院 被ばく線量低減推進施設 茨城県肝疾患専門医療機関 茨城県原子力災害医療協力機関
その他特色

〒310-0011 茨城県水戸市三の丸3-12-48