地域貢献に使命感を持ち、ワーク・ライフ・バランスを大切にする医師を募集しています。

北見赤十字病院

〒090-8666
北海道北見市北六条東2-1

tel:0157-24-3115(代表)

アクセスMap
  • 院長からの
    メッセージ
  • 北見市長から
    のメッセージ
  • 診療
  • 暮らし
  • イベント・
    レジャー

院長からのメッセージ

 北見市は、北海道の東部に位置する人口約12万人の街で、「そだねー」で一躍、時の人となったカーリングチーム『ロコ・ソラーレ』の地元です。玉ねぎの生産量とホタテの水揚げ量は日本一で、それらを使用した『オホーツク北見塩焼きそば』はB級グルメとして知られています。また地ビールとして日本で最初にビール製造内免許を取得したオホーツクビールも美味しいと評判です。新鮮な野菜・海産物に加えて“焼肉の街”としても有名です(秘密のケンミンSHOWで取り上げられました)。人口当たりの焼肉店舗数が全国2位といわれており、約60店舗あるどの店でも新鮮で美味しい焼肉が低料金で楽しめます。また世界遺産で知られる知床の雄大な景色、泉質が異なる温根湯、塩別つるつる、網走、女満別、川湯、阿寒湖、養老牛等の温泉は、すべてドライブエリアにあり、堪能できます。
 北見赤十字病院は北海道の三次医療圏の一つであるオホーツク圏域(人口約30万人)唯一の地方センター病院(中核医療機関)です。圏域の面積は、三次医療圏として岐阜県の面積を上回る全国で9番目の広大な面積を有しています。地域医療支援病院として圏内の医療機関と連携し,地域完結型の医療を目指しています。2016年4月には北見市消防組合と提携して救急ワークステーションを救命救急センターに併設し,日勤帯でのドクターカーの運用を開始しました。2018年4月から隣接する道立北見病院が当院の指定管理となり、協力して一体的に運営することとなりました。指定管理運営委員会を毎月一度開催し、運営に関して協議を行い、高度かつ効率的な医療を展開できるよう動き出しました。2019年4月にダビィンチによる前立腺の手術が開始となり、また血液疾患患者の増加に伴い、無菌室を二床増床します。三次医療圏として高度医療を提供するためには、時代に即した設備投資や職員の教育研修も重要と考えています。職員にとって、医療人として働くことの楽しさや、成長を感じることができる病院でありたいと思います。
 また当院の特徴として、他職種間のコミュニケーションが良好で、院内連携の良いことが挙げられます。初期臨床研修に関しても「病院全体で研修医を育てる」をコンセプトに,今までに基幹型として受け入れた108名のうち66名が道外の大学出身者です。当初は厳冬を心配していた彼らも,職員がかかわり,スノーボード,カーリング,ワカサギ釣り,流氷観光など,北見市の冬を満喫しています。初期臨床研修医、専攻医のみならず、共に地域医療を支えてくださる方を、職員一同、お待ちしております。

北見赤十字病院
院長 荒川穣二

北見市長からのメッセージ

 北見市は、平成18(2006)年3月5日に、当時の北見市、端野町、常呂町、留辺蘂町が合併して新生「北見市」となりました。
 本市は北海道の東部に位置しており、面積は1427.41km²で、北海道では第1位、全国で第4位の広さです。また、東西に延びる道路の距離は東京駅から箱根駅までの距離に相当する約110Kmあり、人口は約11.8万人のオホーツク圏最大の中核都市で、高い日照率、肥沃な大地と豊かな海に育まれた生産量日本一の「たまねぎ」や、日本有数の水揚げ量を誇る「ホタテ」をはじめとする農林水産業を基盤にオホーツク地域の産業・経済の中核として発展しております。

 さて、北見赤十字病院は、オホーツク第3次医療圏の地方センター病院として、高度専門医療を担い、日頃から圏域住民の安全安心に大きく寄与いただいております。
 同病院は、昭和10(1935)年11月、本市の前身である野付牛町の要請を受け、日本赤十字社北海道支部野付牛療院として開院して以来、80年以上の長きに亘り、常にその時代における最新・最適な医療提供体制の構築に努められ、地域との信頼の絆を築いてこられました。また、本市にとって市民病院とも言える役割を担っていただいております。
 このような中、平成26(2014)年12月に開院した新本館は、災害時においても継続した医療が提供できる施設として生まれ変わり、ヘリポートからの救命救急患者の受入れ、PET-CTによる検査体制や緩和ケア診療体制などの充実が図られました。
 また、平成28(2016)年8月に、圏域唯一の心臓血管外科を有する北海道立北見病院が敷地内に移転新築し、両病院が連絡通路で繋がれ、一体的な医療提供体制が構築されたことは、非常に心強い限りであり、加えて、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を新たに導入するなど、圏域の医療水準の向上に積極的に取り組まれていることに大いに期待しているところであります。

 地方においては、人口減少や高齢化が急速に進行しており、地域医療を取り巻く環境は、大変厳しい状況におかれております。
 市としましては、救命救急センター等の運営に対し支援を行うほか、市内医療機関の視察に係る交通費の助成、医学生に対する修学資金貸付制度の創設など、北見赤十字病院をはじめ、関係機関とも十分に連携しながら、安心安全なまちづくりを進めてまいりたいと考えております。

 さて、本市は、2018年平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表「LS北見」(ロコ・ソラーレ)の出身地としても知られるようになりました。
 また、旭川、帯広、釧路、網走を繋ぐ位置にあり、道東の四つの国立公園(阿寒摩周、知床、大雪山、釧路湿原)をはじめ、様々な観光地は日帰り圏内にあるため、観光の拠点としても最適です。
 澄み渡るオホーツクブルーの空のもと、四季折々の鮮やかな大自然に囲まれた住み心地のよいまち「北見市」へ、是非ともご家族とともにお越しください。
 地域医療を支えてくださる医師の皆様を心より歓迎いたします。

北見市長 辻 直孝
https://www.city.kitami.lg.jp/

医師からのコメント

 私は平成30年4月に緩和ケア内科の部長として大阪から転勤してきました。北海道の地は初めてで多少不安がありましたが、今は少し多忙なものの充実した毎日を送っています。
北見市は北海道東部のオホーツク海から西は石北峠に至る東西に100kmもある人口12万人の中核都市です。近隣には世界自然遺産の知床半島、阿寒摩周国立公園などがあり、本州ではなかなか見られない広大で豊かな自然環境に恵まれ四季の変化にも素晴らしいものがあります。また、2018平昌オリンピックで一躍有名になった女子カーリングチームの本拠地もあります。
 その中心部に位置する北見赤十字病院は平成28年に新築移転され広大なオホーツク三次医療圏の中核病院(24科532床)として「救命救急センター」、「総合周産期母子医療センター」、「災害医療センター」などのセンター機能のほか高度専門医療を提供しています。また、心臓血管外科などを有する「北海道立北見病院(道立病院)」と渡り廊下でつないで一体的な医療体制の構築を進めているのも特徴です。主として二次から三次医療を担当していますが、地域に根ざした「地域完結型」の医療を目指して、緩和ケア内科でも専門的な緩和ケアから在宅看取りを含めた訪問診療の提供まで地域のニーズに応えています。
 病院スタッフの意欲や熟練度は高く医師が安心して医療が行える環境が確保され、院長・副院長など病院上層部や各科医師間の垣根は低く心を一つにして働ける雰囲気があります。地域の患者の皆さまからの信頼も厚く働いていて地域から大切にされている実感もあります。
まだまだ医師は不足しており、北海道での地域医療を考えておられるのなら当院をぜひご検討ください。一緒に働きましょう。

(緩和ケア内科病棟スタッフ)中央木元医師

ある医師の1日

  • 7:20
    出勤

    借り上げ住宅から徒歩10分で到着です。

  • 7:30
    担当患者の回診・指示

    夕方早く帰るため、外来の前に指示を出すために早朝から仕事を始めています。

  • 9:15
    ショートカンファレンス(毎日)

    15分ほどで看護師、薬剤師と入院患者を対象とした毎日のカンファレンスを行います。

  • 10:00
    外来(月、木)

    外来は一人30分の時間を掛けて診療します。
    他科通院中の患者は患者の負担にならないように曜日、時間を他科に合わせて診察しています。

  • 11:00
    多職種カンファレンス(水)

    毎週1回ですが、医師(当科以外に内科、精神科)、看護師(病棟、外来)、薬剤師、栄養士、MSW、リハビリ療法士など多職種で、入院中、外来通院中、訪問診療中の患者の総合的な検討を行います。

  • 12:00
    昼食

  • 13:00
    外来(月、木)

    午後からも診療枠を確保しています。

  • 13:00
    訪問診療(火)

    訪問看護担当看護師と数名の訪問診療に出かけます。

  • 15:00
    緩和ケアチームの回診

    時間は決まっていませんが、各科から併診の依頼のあった入院患者の回診に回ります。

  • 18:00
    退勤

    できるだけ早く帰ることを心がけています。

施設紹介

院内の施設を写真でご紹介します。

  • アトリウム1

  • アトリウム2

  • 総合案内・中央受付

  • 1階 CT室

  • 2階 外来待合ホール・診察室入口

  • 診察室

  • 健康管理センター待合室

  • 手術室ホール

  • 手術室

  • 理学療法室

  • 屋上庭園と市内見下ろし

  • 4床室

  • 緩和ケア病棟 多目的デイルーム-1

  • 緩和ケア病棟 テラス

  • 小児科 デイルーム

  • ダヴィンチ操作部

  • ダヴィンチ可動部

アクセス

地域連携

 地域医療連携室では、地域の医療機関との連携及び、北網オホーツク圏における地域完結医療を目指し、管内医療、福祉関係機関と連携を深め、地域の皆様に医療提供を通じ、生活の安全とサービス又、当院の医療機能をご利用頂き、地域と病院を繋ぐ窓口として努めています。

【業務内容】
1.診療・検査予約受付
2.紹介・逆紹介患者の管理
3.開放病床(5床)の運用調整
4.登録医制度の普及と登録医の支援
5.医療講演会・症例検討会・研修会等の案内
6.手術見学・図書室等の利用調整
7.地域医療連携に関する広報活動

当院栄養課「管理栄養士」がご紹介いたします!

 北見市は、オホーツク海に面した北海道東部に位置し、オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110キロメートル (km) に広がっています。豊かな自然や多彩な地域資源に恵まれた、人口12万人のオホーツク圏最大の中核都市です。焼肉・たまねぎ・ハッカ・白花豆なども有名ですが、2018年平昌オリンピックにて、女子カーリング史上初のメダルを獲得した、LS(ロコソラーレ)チームの本拠地でもあります。
 オホーツクブルーの青空の下、花・紅葉・動物・流氷など、鮮やかな四季と大自然を楽しむことができるだけではなく、世界遺産の知床や世界有数の透明度をほこる摩周湖なども日帰りドライブを楽しめる距離にありますし、温泉巡りや釣り・キャンプなどのアウトドアもオススメです。
 こんなに自然を楽しむことができる場所ですが、最寄りの女満別空港までは、車で30~40分程度と、実は首都圏へのアクセスも良かったりします。
北見は、四季折々で楽しめる場所がたくさんの住み心地の良いまちです。

気候

 オホーツク管内は、夏は気候が穏やかで日照率が高く、湿度も低いうえ、年間降水量も少ないため、スポーツを行う環境として申し分の無い環境といわれております。
北見はそのオホーツク管内の中でも盆地であるため、昼間は運動に適した暖かさで、夜は体力の消耗を押さえやすい涼しい気温となっております。
 冬は最低マイナス20度以下と厳しい寒さとなりますが、冬のスポーツを行うには絶好の条件となり、スケートリンクやスキー場、カーリングを盛んに行うことができる環境となります。

グルメ

北見厳寒焼肉まつり

北見のご当地グルメと言えば焼き肉!!
 人口に対する割合で焼き肉の店舗数が日本一でもある北見市には、鮮度がよく質の高いお肉を提供してくれるお店が数多くあります。
又、氷点下15度前後の真冬に屋外で焼き肉を楽しむ奇祭『北見極寒の焼き肉まつり』は毎年2月上旬に開催されます。
是非、焼き肉の街北見で美味しい『サガリ』や『ホルモン』をお召し上がり下さい。

公共施設

中央図書館

 平成27年北見駅横に移転新築されました。駅併設のためアクセスも非常によく、また中は明るくゆったりした空間になっていて、閲覧スペースも多く取られております。音楽観賞会や各種体験イベントも行われており、さらにカフェも併設されておりますので、様々な楽しみ方ができます。

芸文ホール

 音楽ホール・中ホールを備え各種演奏会・演劇・講演会に使用されております。また施設前は多目的広場になっており、お祭り・イベント等が行われております。

市民会館

 大規模な演奏会・イベントに向いており、有名アーティストの公演もここで行われております。

交通手段

 最寄の空港は、大空町の「女満別空港」となります。女満別空港には、JAL・ANA・AIR-Doが乗り入れ、羽田空港(東京)と5往復(1時間50分)、中部国際空港(名古屋)と1往復(2時間)、新千歳空港(札幌)とは6往復(45分)のフライトが通年で運行していますし、夏季期間は伊丹空港(大阪)との直行便(2時間20分)も運行されており、札幌市はもちろん首都圏や中部・関西方面への移動も便利です。また、女満別空港と北見市中心部には連絡バスが随時運行しています(42分)。
 最寄駅は、JR石北線(旭川駅~北見駅~網走駅)の北見駅となります。現在、札幌駅 ~網走駅間は、特急「オホーツク」が2往復、旭川駅~網走駅間に特急「大雪」が2往復運行し、旭川駅発着の特急「大雪」は札幌駅~旭川駅間の特急「ライラック」「カムイ」と接続するダイヤが組まれています。また、北見市と札幌市・旭川市・釧路市間には都市間バスが運行しており、道央・道北・道東へとバスを利用することもできます。
 北見市から世界遺産知床へは車で約2時間30分、またマリモや温泉で有名な阿寒湖までは約1時間10分の近さに位置しており、北海道の大自然を四季折々楽しむことができます。

【北見ってどこ?】
http://kitamikanko.jp/aboutkitami/aboutkitami.html

買い物

 北見市は、玉ねぎや白花豆の生産量、ホタテの水揚げは日本一。そして、北海道で初めての地ビールを造った町です。市内には大型スーパーや家電量販店、ホームセンターも多数あり買物に便利です。毎日の買い物はスーパーをご利用されるかと思いますが、どこのお店でも、新鮮なオホーツクの海の幸や、玉ねぎ、じゃがいも、メロンなどの農産物も品揃えは最高!!四季折々の北海道の食が堪能できます。
 ぜひ、ご自宅で地元食材の焼肉(BBQ)を!!

コミュニティープラザ パラボ-まちきた大通ビル

住所 : 〒090-8509 北見市大通西2丁目1番地
-----------------------------------------------
北海道オホーツク地方が誇るオホーツクブランド認定品をはじめ、豊かな自然がくれた美味しい商品・上質な食材等を販売し、季節に応じて様々な催事を行っています。夏には、屋上でビアガーデンの開催を行うショッピングセンターです。

イオン北見店

住所 : 〒090-0052 北海道北見市北進町1丁目1-1
-----------------------------------------------
皆様ご承知の全国展開のイオンです。ここにくれば、食料品から衣料品まですべてが揃います。

スーパーアークス桜町店

住所 : 〒090-0804 北見市桜町6丁目2-4
-----------------------------------------------
食料品、衣料品、日用品販売をしています。オホーツクの鮮魚や上質な精肉をお買い求め頂け、農産物の収穫時期には、店外でじゃがいもや玉ねぎをキロ単位でお求めでき、北海道ならではお買い物ができます。

コーチャンフォー北見店

住所 : 〒090-0012 北見市並木町521 
-----------------------------------------------
北海道を中心に展開する、書店、CD・DVDショップ、文具、カフェ&レストランが一つになった全国最大規模の複合店です。450台の駐車場を完備し女性での駐車でも安心。
オホーツク文化のテーマパークです。

ニトリ北見店

住所 : 北海道中央三輪8丁目1-1
-----------------------------------------------
北海道を中心に展開する、ソファ、ダイニングテーブル、食器棚やベッドなどの大型家具から、カーテン、カーペット、寝装品や食器・家庭用品などの暮らしを彩るインテリア用品まで、多彩な商品を販売しています。お引っ越しの際はお求めください。 
「お、ねだん以上。ニトリ」です。

清月 本店

住所 : 北海道北見市北1条西1丁目10
-----------------------------------------------
平昌冬季オリンピック「カーリング日本代表」そうだね~でおなじみのLS北見の選手が、もぐもぐタイムで食べていた、チーズケーキ赤いサイロ販売店です。(お土産お菓子のK-1グランプリでも優勝しています)いまでも、赤いサイロを求め、開店1時間前には長蛇の列ができています。もちろん、お店には赤いサイロだけではなく、薄荷羊羹やバウムラスクなどがありますので、ぜひお買い求め下さい。

CAFE CORE(カフェコア)

住所 : 北海道北見市北6条東2丁目1番地(北見赤十字病院 内)
-----------------------------------------------
焼きたてパン、ドリンクを販売しています。焼きたてパンは、店舗で作り、毎日が売り切れています。受診ではなく、お見舞いでもなく、焼きたてパンを目的に御来院される方もいらっしゃるほど。光洋グループで日本一 売れている焼きたてパンをぜひご賞味下さい。

子育て

病院敷地内に24時間の託児室を開設しております。

生後3ヶ月から3才までのお子様を安心・安全にお預かりしています。
卒園後も他の保育園の休園日や、病児保育でお預かりできる制度もあります。
また、いちご狩り、親子バス遠足、託児室まつり、ハロウィン、クリスマ9ス会等行事も盛んに行われており、子どもたちの笑顔がたえない託児室です。

退勤

宿舎・社宅

 着任の際には、家族構成等お聞かせいただき、病院近くの物件で希望の社宅をご準備いたします。北海道は「とても寒い」「マイナス〇℃!!」という印象がありますが、住宅は大変快適で暖かいのでご安心いただくとともに、どのようなこともお気軽にご相談ください。

北海道の住宅はとても暖かいのでご安心下さい

 着任の際には、家族構成等お聞かせいただき、病院近くの物件で希望の社宅をご準備いたします。北海道は「とても寒い」「マイナス〇℃!!」という印象がありますが、住宅は大変快適で暖かいのでご安心いただくとともに、どのようなこともお気軽にご相談ください。

    事務部企画課スタッフがおすすめします!

     北見市は、北海道東部オホーツク圏にある人口約12万人の都市です。道内の市では1番の面積を誇り東西で約110キロメートルに広がっています。
     気候は夏は30度を超え、冬はマイナス20度になる日もあり寒暖の差が激しい地域ではありますが冬には流氷を見ることができ、周辺には日本初の滝つぼ水槽がある「山の水族館」や平昌オリンピックで注目されたカーリングを行うことができる施設があります。
     また、北見より車を2時間半程度走らせると2005年に世界遺産に登録された知床があり自然のすばらしさを感じることができます。
     ユニークなイベントとしては、4人1組でチームを作りカレーライスの材料を調達しながら走る「たんのカレーライスマラソン」は食材で走る距離が違い、集まった材料でカレーを作って食べるというものです。マラソンでは仮装して走るチームも多く仮装コンテストも行われます。北見市は焼肉の街としても知られており2月には冬の寒空の下で七輪を囲みながら焼肉を食べるという「北見厳寒の焼肉まつり」があります。
     おいしい食べ物と自然に囲まれた北見市は魅力的なところがたくさんあり、一部ですが紹介いたします。

    職員オススメレジャー

    ウインタースポーツ

    病院より10㎞圏内にスキー場が2つあります。
    特に北見市は気温が低く、降る雪はさらさらなパウダースノーと呼ばれ、水分が少なくスキーやスノボには最適です。

    ●北見若松市民スキー場
    北見市内から、わずか6km。最大斜度23゜の1枚バーン。上級者の腕の見せ所のBコース(全日本スキー連盟公認コース)から、初級者でも安心して滑れるコースまで幅広い層で楽しめます。リフト、ロープトー完備。頂上からは大雪山、知床連峰を望む素晴らしい景観、夜は北見市内の夜景も望まれ、魅力あふれるナイタースキーも格別です。

    ●ノーザンアークリゾートスキー場
    初心者から上級者まで楽しめるように設計されたスキー場。初心者やファミリー向けコース、斜度がややきつい中級者・上級者向けコース、コブのある上級者向けコースなど、自分に合ったコースで端野エリアの風景を楽しみながら滑ることができます。スキー・スノーボード・ウエアなどのレンタル、レストラン、温泉もあります。

    カーリング

    北京オリンピックで銅メダルを獲得した『ロコ・ソラーレ』の地元である北見市。オリンピック選手や国内トップチームの選手が使う『アドヴィックス常呂カーリングホール』で楽しむことができます。事前に申し込めば初心者向けの体験利用もできます。(写真提供:北見市観光振興課)

    流氷

    網走や紋別などのオホーツク海沿岸にロシア(アムール川)から流れ着いた流氷が沿岸を覆いつくします。岸までついていなくても砕氷船に乗れば海に出て流氷に向かうことも可能です。写真はJALのCMで嵐の5人も訪れた能取岬からのものです。

    職員オススメスポット

    アドヴィックス常呂カーリングホール

     通年で開場しているカーリング場です。ブラシや防寒着もレンタル可能です。国際規格のカーリング場が6面用意されていて、オリンピックの気分を体験できます。

    メルヘンの丘

     大空町女満別市街から網走市の国道39号沿いにあり、小高い丘の上にたたずむ7本のカラマツと、回りに広がる広大な畑に癒されます。
     7月頃は麦やジャガイモの花、8月頃は牧草ロール、秋にはひまわり、冬には雪化粧など四季を通して楽しむことができます。

    網走流氷観光砕氷船おーろら

     オホーツク海の「流氷」の大地を、おーろら・おーろら2で砕氷しながら進みます。
     時には、アザラシやオオワシ等の野生動物に出会えます。

    北の大地の水族館(山の水族館)

     日本最大の淡水魚イトウの姿が見られる淡水魚限定の水族館です。凍った川の下を泳ぐ魚の様子が見られる水槽や世界の熱帯魚を飼育する水槽もあります。

    果夢林

     道の駅おんねゆ温泉のシンボルタワー、「からくり人形」と世界最大級の「ハト時計」が一体になっていて、夏期の8時から18時まで1時間毎にタワー内から、からくり人形が演奏しながら、そこにハトも登場します。

    子供との休日

    木のプラザ

    病院から車で5分。大型遊具で遊べる「木育ひろば」では大きな滑り台から、幼児も遊べる木のおもちゃが多くあります。常設展示室ではクラフト製品、木製家具などが展示され、オホーツクの「木」の文化にふれられ、子供も大人も時間を忘れ楽しめます。

    北見市観光協会HPより抜粋

    野付牛公園

    病院から車で10分。自生する樹林に囲まれた池では、ボートの貸し出し(有料)があり楽しむ市民で賑わいます。ボートを漕げない方も安心!足こぎ式のボートでゆっくりと子供との時間を過ごせます。池には鳥がおり餌を買う事ができ、ボートを追いかけてくる鳥たちに子供達は大喜び!

    北見市観光協会HPより抜粋

    施設情報

    温泉情報①

    北見には「北見温泉」「温根湯温泉」「塩別温泉」など温泉施設が数多くあります。
    アルカリ性の泉質の湯が多いので肌がツルツル!
    また、源泉かけ流しの施設が多いのも嬉しいポイントの一つです。
    お子様から年配の方まで安心して楽しんでいただけます。
    北見市近郊には、阿寒湖温泉、網走、知床、紋別など数えきれないほどたくさんの温泉がありますので、休日にはぜひ気の合う仲間やご家族とお好みの温泉を探しにあちこち巡ってみてはいかがでしょうか。

    ←源泉かけながしの宿 塩別つるつる温泉
    ←北海道おんねゆ温泉 美白の湯宿 大江本家

    温泉情報①

    ←北見温泉(ポンユ)三光荘
    ←端野温泉 のんたの湯

    施設イベント一覧情報

    ハッとしてホッとする北見!!

    ●1月 
    [12月下旬〜2月中旬]おけと湖・ワカサギ釣り【置戸町】
    [上旬〜3月中旬]網走湖・ワカサギ釣り【網走市】
    [上旬〜3月中旬]網走湖・氷上わかさぎ釣り【大空町】
    [中旬〜3月中旬]富里湖森林公園の中にある富里湖の氷上ワカサギ釣り
    同公園の仁頃山(829.2m)は、年間をとおして登山可【北見市】         
    [1月~2月指定日]山彦の滝ナイトツアー【遠軽町】
    [1月下旬〜2月末]知床流氷フェス【斜里町】

    ●2月
    [上旬]北見厳寒の焼き肉まつり【北見市】
    [上旬]北見冬まつり【北見市】
    [中旬]もんべつ流氷まつり【紋別市】
    [中旬]あばしりオホーツク流氷まつり【網走市】
    [下旬]湧別原野オホーツククロスカントリースキー大会【遠軽町・湧別町】

    ●3月
    [中旬]森林浴・歩くスキーと語る夕べ【遠軽町】

    ●4月
    [下旬]知床横断道路開通式【斜里町】

    ●5月
    [上旬]おんねゆ温泉つつじ祭り【北見市】
    [上旬〜6月上旬]かみゆうべつチューリップフェア【湧別町】
    [上旬〜6月上旬]芝桜まつり【大空町】
    [上旬〜6月上旬]童話村たきのうえ芝ざくらまつり【滝上町】

    ●6月
    [上旬]藻琴山山開き【大空町・小清水町】
    [中旬]でっかいどうオホーツクマーチ【北見市・網走市】
    [中旬]サロマ湖100kmウルトラマラソン【湧別町・佐呂間町・北見市】
    [下旬]おけと夏まつり・人間ばん馬大会【置戸町】

    ●7月
    [上旬]羅臼岳山開き【斜里町】・斜里岳山開き【清里町】
    [上旬~中旬]ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会【北見市】
    [上旬~中旬]ホクレンディスタンスチャレンジ網走大会【網走市】
    [上旬]インターナショナルオホーツクサイクリング【雄武町~斜里町】
    [中旬]北見ぼんちまつり【北見市】
    [下旬〜8月上旬]オホーツクラグビーフェスティバルin北見【北見市】
    [下旬〜8月上旬]網走ラグビーフェスティバル【網走市】

    ●8月
    [上旬]ぼんぼんまつり【北見市】
    [中旬]ビホロ100kmデュアスロン大会【美幌町】
    [8月下旬〜10月上旬]太陽の丘コスモスフェスタ【遠軽町】

    ●9月
    [上旬]かぼちゃまつり「シンデレラ夢」【佐呂間町】
    [中旬]さんご草まつり【網走市】
    [中旬]斜里岳ロードレース【清里町】
    [中旬]たんのカレーライスマラソン【北見市】
    [下旬]オホーツク網走マラソン【網走市】

    ●10月
    [上旬]つべつ紅葉マラソン大会【津別町】
    [上旬]北見ハーフマラソン大会【北見市】
    [中旬]きたみ菊まつり【北見市】
    [中旬]北見オクトーバーフェスト【北見市】
    [下旬]もこと山ふきおろしマラソン大会【大空町】

    ●11月
    [中旬]オホーツク網走フィルムフェスティバル【網走市】

    ●12月
    [中旬]ところ物産まつり【北見市】
    [下旬〜3月下旬]おんねゆ温泉郷雪物語【北見市】


    【北見イベント情報】
    http://kitamikanko.jp/event/event.html